「どんな題名じゃい」って思った方 ごめんなさい。

 

お題「思い出の味」

コレです。

思い出の味っていうと「母親の作る料理」 「よく通った店の味」

などなど有ると思いますが皆さんには どんな思い出の味がありますか?

 

私の父親が何かと自分で作ったり修理したりな性格で どうやら私も

その血を受け継いでいるようなので 料理、修理、など自分で試みてしまう傾向にあります。 

 

失敗して再生不能になることや心の底から「やらなきゃよかった」思える事なんて

たくさんありました

 

 

ただ今回は思い出話を語るだけでなく その後も続いていく内容になっています。

 

仕事の先輩に連れて行ってもらった店で

「スタミナ焼き定食」が抜群に美味しくて量があってと

よく行く店があったんです。

 

つい最近その店の前を通ったら もうなくなってました。

 

もともと料理はするほうだったので 自分で どうにか作れないものかと

試行錯誤、悪戦苦闘して「なんとなく そっれっぽい雰囲気の味」に辿りつきました。

 

その作り方を ここに記録として残しておこうと思った次第です。

 

・ 用意するもの

豚バラ肉 :1人前

玉ねぎ  :中くらいの半玉

にんにく :一片

豆板醤  :おおさじ1杯 

酒    :おおさじ2杯

砂糖   :おおさじ1杯

バター  :一片

ごま油  :

ニラ   :ひとつまみ

 

・ 作り方

1.フライパンに油をひいて熱する

2.豚バラ肉を炒める

3.バラ肉が色が全体的変わってきたなと感じたら 玉ねぎスライス投入

4.酒、砂糖を入れて炒める

5.豆板醤を入れて その後 追いかけるようにバターを入れる

6.全体的に火が通ったら ニラを入れて仕上げにごま油をヒト回し。

 

お皿にキャベツの千切りをドサっと乗せ マヨネーズを添えて完成。

 

オリジナルの味にはならなかったけど

自分で考えて作った分 良かったと思える一品。

 

これから訪れる暑い夏、スタミナ料理で何のその!

分量を半分とか4分の1とかにして試しに作ってみてください。

 

辛いの好き!って人は豆板醤の増やせば良いし

逆に苦手!って人は豆板醤減らすかバター投入のタイミングで酒を少し足してみるのも

良いと思います。

 

もしくは

その横に そっと冷奴を用意して焼酎。なんてのも合うんですよ

 

ぜひお試しください。

 

上記のレシピは味を保証するものではありません。

あくまで個人的な調理方法を書いているのでご了承くださいね。