ダイエットで注意しなければいけないのは
1カ月で3キロ以上、上下しては行けないと言うこと。(医者に言われたので間違い無し)
でないと生理不順、つまりは排卵されなくなると言うこと。
原因は過度なダイエットにより女性ホルモンが不足して排卵を促さなくなる為。
将来子供が出来にくい体になります。
これをまず注意する事が大切です。

●3食きちんと時間を決めて食べる事。
時間を決める事により、胃がスムーズに消化してくれるようになります。
例えば、友達との待ち合わせを想像して下さい。いきなり後5分で駅前に来てくれと言われたら焦りますよね?
それと同じで胃も焦ります。(笑)

●食べてすぐに横にならない。
横になるなら右が下。
胃の形は思いうかべられますか?
右下が胃の出口になるので消化促進になります。
ちなみに「食べてすぐに横になると牛になる」というのは"太る"と言う意味ではありません。牛は食べてすぐに横にすると吐いてしまう。そんな危険性があると言う注意です。

●間食しない。
どうしてもお腹が空いたなら炭酸水をのみます。3食以外は食べません。
中には「私は胃が大きいから~」と言う人がいますが、実際胃のサイズが伸び縮みする事はありません。全ては脳の錯覚です。

脳の錯覚を正常にもどしましょう。

●コーヒー
コーヒーは脂肪の分解を促進する要素が2つはいっています。
クロロゲン酸とカフェインです。
ただし、1日2杯まで。
ブラックで飲むこと。
これを守れば他にも
ストレス軽減、ガン予防、動脈硬化予防、頭痛緩和などなど、様々な効能があります。

●有酸素運動(体脂肪を燃やす)
女性のダイエットで多く取り入れられてるのがこの有酸素運動(比較的弱い力で続ける運動の事をいいます。)最低1日20分以上断続的に続ける事によって脂肪の燃焼を促進します。
□主に屋外で行われるもの
ウォーキング
ノルディックウォーキング
ジョギング
ランニング
サイクリング
クロスカントリースキー
□主に屋内で行われるもの
エアロビクスダンス
STEPエクササイズ
□プールで行われるもの
水泳
アクアビクス

*継続時間による体内の変化の違い
20分までの有酸素運動→血液をサラサラな状態にするので健康維持のためなら十分な時間です。
20分からの有酸素運動→血液中の脂肪分をある程度使い終わると、ようやく皮下脂肪や内臓脂肪が使われるようになります。

●無酸素運動(基礎代謝を増やす)
太りにくい体にするために行う無酸素運動。
基礎代謝量は20才前後が最も高く、20代前半から減り始め、50前後でさらに下降する。これは、ホルモンの分泌が減少してタンパク質から合成される筋肉量が低下するため、中年以降は太りやすい体質に変わっていきます。

●日常の簡単な代謝アップ●
①朝起きてお湯を一杯飲むだけでも血行を促進する作用があり、代謝アップに繋がります。
さらに代謝をアップさせるのに、お湯ではなく生姜湯やホットココア、ホットコーヒーなんかもいいでしょう。
コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲンサンには脂肪の分解を手伝ってくれる作用があるので、私はホットコーヒーを飲んでます。ただし、ブラックでないと意味は無いです。3~4時間置きにのんで、上限1日5杯まで。飲み過ぎると体によくないのです。コーヒーには他にもストレス軽減、癌予防にも繋がるのでオススメですね。
普段の水分補給に使って下さい。

②キムチ
キムチには「カプサイシン」という成分が多く含み、アドレナリン分泌を高める作用があり、脂肪燃焼を高めてくれます。

香辛料が強いものを食べると汗が出てくるというのは交感神経が刺激され汗が出やすくなっているからです。

香辛料系は食べすぎには注意してください・・お腹に来る時があるので・・・

③ネギ類
ねぎっといってもねぎ類の食べ物には糖質エネルギー代謝を高める作用があり、新陳代謝、基礎代謝の手助けとなります。

にんにく、ニラ、みょうが・・などもオススメです

●停滞期
ダイエットしてると誰でも起こるものですが、ここで痩せれるか痩せれないかは分かれます。
停滞期の原因は体重が減ってくると脳が餓死の危険性を考えて消費カロリーを抑えてしまうからです。1カ月くらいで停滞期はおわります。諦めてしまうと体が消費カロリーを抑えているため、食べたものが溜まりに溜まり、前以上に太ってしまう。いわゆるリバウンド。
ここが正念場なので、頑張りましょう。

●体重維持
食生活は必ず守って下さい。
腹筋(仰向けに寝て、自分のおへそを覗くように上体を起こすだけでも効果的。その方が負担は少ない。)
フラフープを回しているかのように腰を振る(くびれを作る。回答主は好きな曲が一曲終わるまで一心不乱にふってます。)
楽しない(電車、バスは立つ。エスカレーターに乗らない。など)
暇なときお尻に力を入れる(お尻の筋肉を付けてヒップアップを図る)
5秒のつま先立ち(太股、脹ら脛、足首に効果有り。実際、器械体操の選手は自分の出番が回ってくるまで整列してつま先立ちで待ちます。彼女たちの足って、綺麗ですよね by元器械体操選手の母より)